2月, 2013

モビットの限度額は500万円

2月 27th, 2013

テレビの宣伝などでもおなじみのモビットの実質年利は4.8%から18%となります。
利息制限法の上限金利は、10万円未満では20%が上限金利であり、10万円を超えて100万円未満では18%、そして100万円を超えた場合は15%となっているのに対して、4.8%から18%と言う利息はお得といえます。
更に、モビットの利用限度額は500万円であり、特に高額融資を受ける場合は4.8%の金利が適応されると言われており、多くを借り入れる人にとってはメリットが大きくなるのです。
また、担保や保証人は不要と言う事ですので、面倒な手続きも不要になるわけです。
また、利用可能な人は、一定の収入が有る人であれば、アルバイトやパート、そして自営業など雇用形態などに関わらず利用が可能です。
しかし、大口の融資を受ける場合は、それなりの審査がありますので、一定の収入があれば誰もが利用出来るというものではありません。
これはどんな消費者金融でも同じ事が言えるのです。

こちらもどうぞ→楽天銀行

教育費の借入ならプロミスが便利

2月 11th, 2013

子供の教育というのはとてもお金がかかります。

特に学校の入学資金というのは高額になるため、貯金だけで対応するのが難しいことがあります。

教育費が足りないときは、プロミスで借り入れをすると良いです。

プロミスでは、使途が自由になっているので、教育費という目的でも、融資を受けることができます。

資金使途が自由なのはとても便利なもので、お金に困った様々な状況で利用することができます。

プロミスを利用するためには、申込みをしなければなりませんが、インターネットに対応しているので、自宅のパソコンから申込みをすることができます。

申込みをすると、融資のための審査に移ります。

プロミスでは審査結果がすぐに出るので、教育費としてどのくらいの金額を借りることができるのかをすぐに知ることが可能です。

このようにプロミスはとても利用しやすいので、教育費の資金調達をしたいときは、インターネットから申込みをして審査を受けてみると良いです。

 

モビットの振込みキャッシングサービスとは

2月 5th, 2013

最近評判のいいモビットですが、モビットには便利な振込キャッシングサービスというものがあります。

これは、モビットユーザーの中でも最も利用率の高い融資方法です。

まず契約を終えると、モビットの会員ログインサイトへアクセスできるようになります。

このサイトでは借入残高や限度額、金利などを確認できるほか、あらかじめ指定しておいた銀行口座へ振込依頼をすると、すぐに振り込まれるサービスです。

この指定口座は三菱東京UFJ銀行の口座以外でも指定できますが、手数料のかかる場合があるのでできれば三菱東京UFJ銀行の口座がお勧めです。

受付時間内であれば最短3分で振り込まれるため、うっかり忘れていた水道や電気、クレジットカードの支払いの当日に依頼すれば、外に出る事なく引き落としを完了することができます。

融資をうけたその日から返済が可能になるので、ひとまずモビットに支払ってもらって、次の日に返済すればたった数十円ほどの利息で済むので、振込手数料などを考えるとこういった使い方をしている方が多いのもうなずけます。